タグ:植物・花 ( 55 ) タグの人気記事

国の特別史跡、本薬師寺跡(もとやくしじあと)周辺の約1.4haの休耕水田に
景観形成の一環としてホテイアオイが栽培されています。
8月下旬が最盛期の一日花だそうですが 次々咲くので長く楽しめ、
終盤には彼岸花との競演が見られます。

お日様が照らないと咲かないそうで 蓮のように早起きして出かける必要が
ないのは私向きかな。^^ 
近鉄畝傍御陵前駅から歩いて10分かからないくらいなのも便利。
三脚は禁止です。


ホテイアオイに彼岸花、稲穂、柿の実、塔の跡で撮影中の花婿花嫁さん、と
何でもあり。
彼岸花の色とはちょっと合わない感じですが こんなにたくさんのホテイアオイを
見たのは初めてでとてもきれいでした。

またまた大型の台風24号が近づいています。
どうか大きな被害がありませんように。




d0363399_10280931.jpg





         
d0363399_10291249.jpg





d0363399_10285467.jpg





d0363399_10292782.jpg





d0363399_10331633.jpg








[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-09-30 10:39 | Comments(0)

彼岸花

めっきり秋めいてきました。
あまりに急な季節の移りように体がついて行きませんが お変わりないでしょうか?

琵琶湖の岸では彼岸花が律儀にお彼岸に見頃になりました。
ここでも台風21号の爪痕は鋭く、何本も木が倒れていましたが 花は強いですね。
倒れた木の根ごと球根がむき出しになっても しっかりと咲いていました。
 



d0363399_17530656.jpg






d0363399_17285850.jpg







d0363399_17275996.jpg






d0363399_17281412.jpg




           
d0363399_17274223.jpg





d0363399_17284460.jpg









[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-09-22 17:38 | Comments(0)

白露(はくろ)

明日9月8日は24節気の15節目の「白露」、
秋の気配が漂い、草木に朝露の宿り始める季節です。



d0363399_15080239.jpg





本当になんと長くて厳しい夏だったことでしょう。
大阪北部地震、西日本豪雨、台風20号、21号、
そしてとどめを刺すかのような北海道胆振東部地震・・・

日本中で一体どれほどの人が目の前の事態に耐え、
あるいは夜を徹して復旧にあたられていることでしょう。

どうかこの季節の節目が災害連鎖を断ち切る節目となるよう
祈ります。
 
    
  人悼む筆を起こせし白露かな(山田弘子)






[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-09-07 15:15 | Comments(0)

雨の八ヶ岳周辺

ようやく青空が広がりセミの合唱が始まった神戸です。
大雨で各地に大変な被害が出ていて 被害にあわれた方の大変さ、生活再建の
道のりを思うと・・・
心からお見舞い申しあげます。
地震に竜巻、かつてなかったような大雨、これから先どうなるのか、
怖い目に遭わずに生涯を終えられる保証はどこにもなく不安になります。


雨の降り続いていた三日間 私は信州へ撮影旅行に行っていました。
雨で予定は次々キャンセルになり、行ける所だけ 時折きつく降る中
少し撮ってきました。
帰りは高速道通行止めの区間もあり 大阪まで12時間余りのバス旅となりました。
幸い大阪から自宅までの交通機関は動いていて助かりました。


八ヶ岳の御射鹿池~白駒池~八千穂高原の近辺です。


                

d0363399_08184358.jpg





     
d0363399_08185362.jpg
     





     
d0363399_08190198.jpg





     
d0363399_08205520.jpg





     
d0363399_08194156.jpg





     
d0363399_08203446.jpg





     
d0363399_08213339.jpg





     
d0363399_08214698.jpg





     

d0363399_08513462.jpg





     
d0363399_08220019.jpg






[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-07-09 08:27 | Comments(0)

地震やらなにやら気持ちの落ち着かない日々でした。
紫陽花を見たくて神戸市森林植物園へでかけました。
早咲きのコアジサイは終わり、シチダンカは終盤でしたが
ヒメアジサイやヤマアジサイは今見頃です。

六甲山は花崗岩が風化した真砂土で酸性の土壌なので
澄んだ青色の紫陽花が多く見られます。
ここの青はいいなぁ・・・
森の空気と相まって心が洗われるようです。



   

d0363399_14292572.jpg





d0363399_14293413.jpg





d0363399_14294235.jpg





d0363399_14300255.jpg





d0363399_15132258.jpg





d0363399_14303228.jpg





d0363399_14303822.jpg






d0363399_19364093.jpg






d0363399_14311706.jpg






d0363399_14313080.jpg







d0363399_15241582.jpg







[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-06-27 14:45 | Comments(0)

京都 真如堂

あちこち出かけてはいるのですがちっとも思うような写真が撮れません。
構図に迷い、ピントはなかなかバシっとあわず・・・
写せたというだけでうれしかった時期を過ぎ、変な欲が出てきたのかもしれません。


6月初め、天台宗のお寺、鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)へ
行きました。
ご本尊は阿弥陀如来ですが陰陽師安倍晴明公の念持仏であった不動明王もまつられています。
清々しいお寺で むくむく沸き立つような青もみじに圧倒されました。



d0363399_09213455.jpg





d0363399_10041797.jpg





d0363399_09214574.jpg






d0363399_09171272.jpg






d0363399_09172631.jpg






d0363399_09173526.jpg






d0363399_09203123.jpg






d0363399_09470707.jpg






d0363399_09215945.jpg



安倍晴明ゆかりと言えばこの星印、閻魔王が晴明公に与えた「決定往生之秘印」の
文様だそうです。


d0363399_09221361.jpg




お釈迦様は菩提樹の下で悟りを開かれたと言われますが インドの菩提樹はクワ科、
真如堂をはじめ日本の寺院で植えられているのはシナノキ科で別の種類だとか。
仏教が中国へ伝わったときインドの菩提樹は中国では育たなかったため 葉が似た
中国原産のこの木を菩提樹とよぶようにしたらしいです。
6月半ば、香の良い小さな花をたくさんつけますが花期は短いとのこと。
今年は6月早々に開花、運良く初対面がかないました。


d0363399_09223298.jpg






d0363399_09472038.jpg






[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-06-16 09:59 | Comments(0)

六甲高山植物園 


d0363399_23244879.jpg


ニッコウキスゲ




d0363399_23231637.jpg

ヒマラヤの青いケシ




d0363399_23234937.jpg






d0363399_23241184.jpg







d0363399_23245709.jpg


オオバオオヤマレンゲ




d0363399_23251850.jpg

      
少し遅かったクリンソウ
         




d0363399_23523742.jpg







d0363399_23394556.jpg




次は紫陽花が楽しみです



[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-06-07 23:44 | Comments(0)

伊丹市昆虫館の蝶

伊丹の荒牧バラ公園に行きましたが見頃を過ぎていました。
ならば飛行機とバラの組み合わせを、と思ったのですが 
思い付きでうまく撮れるようなものではないですね。 (>_<)


      

d0363399_09120685.jpg




花を撮るようになってミツバチをいじらしく思うようになりました。
この蜂も大きな花粉玉を作って両後ろ足につけています。
それって女王蜂の子供のためじゃないのかな・・・
自分も少しは食べられるのかしら?

     

d0363399_09203301.jpg





伊丹市昆虫館のチョウの温室に移動。
花から花へ、と歌われるようにひらひらひらひら本当に良く動きます。
温室って太陽が降り注いで明るいと思っていたのですが
チョウが止まるところは意外と暗かったり遠かったり。
難しいものだと思いました。
昆虫写真家もすごいなぁ・・・

     
     

d0363399_09213802.jpg





d0363399_09214771.jpg





d0363399_09215429.jpg





d0363399_18492461.jpg







[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-05-27 09:25 | Comments(0)

バラ 

今年も見事に咲きました。
神戸の人工島、六甲アイランドの小さなバラ園。
阪神淡路大震災で水漏れするようになったせせらぎを埋め立てた場所です。
63種約250本の丈夫で小振りな花を多く咲かせる品種が中心とのこと。
色とりどり、にぎやかで楽しい雰囲気のバラ園です。
35人ほどのボランティアの方が手入れされているそうです。

去年の様子はこちら→ https://sakanomachi.exblog.jp/24609588/




d0363399_06190705.jpg







d0363399_06193757.jpg







d0363399_06214841.jpg







d0363399_06225424.jpg







d0363399_06231571.jpg







d0363399_06233870.jpg







d0363399_06212707.jpg








d0363399_06240518.jpg








d0363399_06260088.jpg







d0363399_06263612.jpg








d0363399_06265691.jpg







[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-05-15 06:31 | Comments(0)


三日目、やっと晴れました!
もう一度弘前公園へ行って帰途につきます。
車窓からリンゴ畑の向こうに岩木山がくっきりと見え歓声が上がります。
沿道は桜吹雪です。


d0363399_16304782.jpg


津軽富士、岩木山(1625m)
   地元の方はお岩木山と尊称で呼ぶようです
   弘前公園にいる間中、美しい姿を見せてくれました 






d0363399_16321320.jpg
 


   一夜にして満開! 
   花筏の撮影もしてみたいですが時間がありません
   急いでとにかく一枚
   車窓からはお濠に岩木山が映りこんでいたと思うのですが
   この高さからではよくわかりませんね





d0363399_16325291.jpg


   1627年に落雷により焼失した後 1811年に再建された天守、
   本来は右手前の石垣の端にあります
   100年ぶりの石垣修理のため移されているので
   ある意味今だけの景観です
   



d0363399_16332840.jpg
 





d0363399_16342376.jpg





d0363399_16345267.jpg


   さくらまつりの会場
   ここからの津軽三味線、民謡などを聴きながら
   





d0363399_16360251.jpg

  こんな景色を撮るのは至福の時でした





d0363399_16364988.jpg






d0363399_16372168.jpg

 
   どんどん混んできました






d0363399_16375382.jpg







d0363399_16383219.jpg


名残は尽きませんがバスの集合時間です



東北に来て もうひとつ見たい山がありました。
標高2038m、岩手富士、南部片富士とも呼ばれる岩手山です。
盛岡駅へ向かう車窓や岩手山SAからその力強い姿をみることができました。




d0363399_16395107.jpg


18の夏(何十年前かはさておいて ^^)無謀にも登った山です。
連日雨の中、田沢湖そばから秋田駒ヶ岳に登り岩手山へ縦走しました。
つらかったです。
体力に個人差があることすらわかっていない 馬鹿で世間知らずの女の子の
最初で最後の縦走でした。



盛岡駅から7時間ほどで帰宅。
遠いけれどどこも素晴らしくて 充実した桜旅でした。




[PR]
by fuyusoubi11 | 2018-05-05 08:48 | Comments(0)